糖尿病の薬

糖尿病の薬

糖尿病の薬には経口薬とインスリン注射があります。

 

1型糖尿病の人はインスリンが出ないためインシュリン注射になりますが、2型糖尿病の人はインスリンのコントロールが良くない場合、経口薬、インスリン注射となります。

 

 

<経口薬>

 

 

糖尿病で医師の診断を受け、処方される薬には次のようなものがあります。

 

 

スルホニル尿素薬(SU薬)

 

膵臓のインスリン分泌を助ける働きがあり、数時間にわたりインスリンの分泌を促進させます。

 

主な薬 : オイグルコン、グリミクロン、アマリール、ジメリン

 

 

αグルコシダーゼ阻害薬

 

糖の消化・吸収を遅らせ、食後の血糖上昇を緩やかにさせます。

 

主な薬 : ベイスン、グルコバイ

 

 

ビグアナイド薬

 

肝臓で糖新生をおさえて血糖を下げます。

 

主な薬 : ジベト、グリコラン

 

 

インスリン抵抗性改善薬

 

インスリン抵抗性を改善して血糖を降下させる新しい薬です。体が作り出すインスリンを有効利用することで、抵抗性を改善し血糖の蓄積を減少させます。

 

主な薬 : アクトス

 

 

<インスリン注射>

 

2型の糖尿病の人は初期段階では経口薬による治療を行い、それでも血糖を上手くコントロールできない時にはインスリン注射による治療となります。経口薬とインスリン注射を併用して治療を行う場合もあります。