糖尿病食

糖尿病食

基本的には脂肪、糖分、塩分を減らした食事で、炭水化物を多く採る方が良いとされています。

 

 

<脂肪を減らす>

 

 

肥満の原因にもつながる脂肪を多く採る食事には注意しましょう。脂肪分の少ない鶏肉や魚などを中心とした食事で、肉でも脂肪分の少ない赤みの部分にしましょう。

 

 

<糖分を減らす>

 

砂糖は栄養価はあまりなくカロリーのみが高いですから血糖値を上げることにつながります。食事をつくる際にも、砂糖を控えめにしておくことも大切です。甘いケーキやお菓子などの食事も控え目にしましょう。

 

 

<塩分を減らす>

 

塩分に含まれるナトリウムは体内の水分を滞らせる働きがありますので、それにより血圧の上昇につながる場合があります。その他の合併症のことなどを考えると塩分の多い食事はあまり好ましくはありません。

 

 

糖尿病のための食事の参考として糖尿病のための食品交換表がありますので参考に食事の内容を考えることが良いでしょう。